仕事に活かせる!データサイエンス入門

開催開始日 2021年10月15日
レッスン詳細
仕事に活かせる!データサイエンス入門~ビジネス現場で役立つデータ活用の視点と分析の進め方~
研修形式:
ライブ配信
開催日時:
2021年10月15日13時30分~2021年10月15日17時30分
申込受付期間 2021年07月05日18時30分~2021年10月13日12時00分
支払手続期日 2021年07月05日18時30分
定員 22 名
料金 一般会員価格: 16,500 円(税込)
定額制会員価格: 0 円(税込)

*対象によって料金が異なる場合は、申込時の対象金額がお支払い金額となります。

研修番号 20718
対象階層 中堅
カテゴリー 仕事のツール
研修の目的 ビジネスシーンにおけるデータ分析の考え方と基本的な分析のプロセスを習得します。
研修のねらいと特徴 「データサイエンスの活用」が叫ばれて10年近くなりますが、実際に「データサイエンス」が自社のビジネス課題の解決に十分活かされているケースは実は少ないようです。

例えば、これまでデータ分析がよく行われてきた、マーケティング業務では、「マーケティング用語」と、「データ分析言語の違い」によって、適切な分析が行われないことが多々ありました。

マーケティング担当者が「STP分析(セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング)」をしたい時は、データアナリストに「クラスタ分析+回帰分析+コレスポンデンス分析」を依頼する必要があります。また、その逆も然りで、データアナリストは「STP分析」とは何かを理解しておくとスムーズに業務を進めることができるのです。

用語の違いもさることながら、マーケティングやビジネス企画の担当者が、データ分析の基本を知っておくことによって、有益なデータの活用をすることができるといえます。

本セミナーでは、ビジネス現場で頻発するこうしたミスマッチを解消します。
生データの取得から、業務の関係者が利用できる分析結果の抽出までを効率よく進める方法を実際のデータを使って学びます。
初心者の方、ぜひご参加ください。
こんな方におすすめです ●若手~中堅社員
●自社のマーケティング課題の解決に悩むデータアナリスト
●データ分析が必要になっているマーケター
●データ分析部門の管理担当者
●採用・教育担当者
プログラム ●ビジネスにおけるデータ分析とは何か(講義) 1.5時間
 ①データサイエンスの考え方
 ②データ分析のプロセス
 ③ビジネスで使えるアウトプット
●実データによる分析演習(ワーク) 1.5時間
 ①サンプルデータとフリーソフト(HAD)を利用した演習
●データアナリストの採用と教育(講義) 0.5時間
 ①使えるデータサイエンティストになるために
●質疑応答 0.5時間

※本セミナーでは、統計分析ソフトHAD(無料) https://norimune.net/had
を使用して演習を行います。お申込み後にダウンロード方法をご案内いたします。
Photo 久保田 真人 講師
講師プロフィール M&Mコミュニケーションズ有限会社 代表取締役
久保田 真人(くぼた まこと)

30年以上のマーケティングリサーチとデータ分析の経験をベースに、クライアントの持つマーケティング課題に対するコンサルティングに従事。企画立案、プロジェクトの実施、分析、レポーティングからその後の施策立案、実施、効果測定まで支援している。また、こうした経験をもとに、クライアント企業の中で、自社で企画立案や分析ができるような各種コーチングも実施している。
お願い/お知らせ ※本研修はZoom®で配信いたします。安定したネットワークにつながるPC環境(セミナー受講用)をご用意ください。
※本研修は、パソコンでのご受講とイヤホンマイクのご使用を推奨しております。
※このセミナーには受講者同士や講師と意見交換をするワークがあります。その際はカメラON、マイクONにてご参加ください。
※本研修は通信不良等への対応や品質向上を目的に録画をしております。あらかじめご了承ください。尚、参加者の皆様は録画されません。
※参加者による本研修の録画・録音やスクリーンショット、チャットのコピー等は禁止させていただきます。
※プログラムは変更になる場合もございます。予めご了承ください。
※研修に遅れてのご参加、途中退室はご遠慮ください。
定額制会員とは 定額会員制 説明資料